ライフログを手軽に見える化:時間管理ツール「Toggl」とスマートボタン「Flic」

Pocket

Collage_Fotor

エストニア発のサービス「Toggl」は、作業ログを手軽に記録できる時間管理ツールです。タグ付けやグラフ集計等といった機能は、時間管理系の類似サービスでよく見かけますね。個人的にToggleを特に気に入っているポイントは、“オン/オフだけ”という手軽さをサービス設計の基本に据えていることです。

僕の使い方としては、新しい活動(学習、読書、睡眠等)を始める際にオン/終わればオフを、iPhoneやChrome Extension等で行います。そして、寝る前の振り返り時に、改めてタグ付け整理します。後追いのタグ付け作業となりますが、行動の順番&作業時間で問題なく予測・管理できます。

Screen Shot 2016-07-19 at 17.39.16

一方、スウェーデン発のスマートボタン「Flic」では、スイッチのオン/オフを様々なサービスと簡単に連動させられます。例えば、クリックで写真撮影、ダブルクリックで音楽作動、ボタンホールドで自宅内の消灯(注:スマートランプ)といった組み合わせが考えられますね。これらの連携は、「IFTTT」を利用することで手軽に行えます。

Screen Shot 2016-07-19 at 17.40.48


そこで、「TogglとFlicをIFTTT経由で繋いだら便利だ!」と思い立ったんですが、残念ながらTogglがIFTTTに正式対応していないんですね・・・。ただ、Zapier(IFTTTの競合サービス)を調べてみるとTogglとFlicの両方に対応していました!

「これ幸い!」と思い、Zapier経由で試してみますがどうにもこうにも連携がうまくいかない・・・。それに加え、仮に連携がうまくいっても、Zapierで対応しているのはToggleをオンにする機能のみ(つまりオフにできない)だったため諦めました・・・。が、その後粘り強くググってみると、なんとGithub上でピンポイントなアプリケーションが公開されておりました!利用方法がきちんと書かれており、実際にこの通り進めてみると、問題なくHeroku経由でTogglとFlicの連携が行えます。

これにより、スマホのTogglアプリを起動する手間が省け、寝る前にポチッ、作業終了時にポチッとしておくだけなので、凄く手軽になりました!最後になりますが、この記事を読んで頂いている方の中には「そもそもそんな時間管理ツール必要?」という疑問もあるかと思います。僕自身もそう思っていました・・・笑。ただ、独立して自分の自由がきく時間が増えるようになると、ついダラダラしてしまう時間が生じてしまいます。(僕だけかもしれませんが。笑)そんな中、こういったツールで行動を見える化させ、手軽に振り返りできるのは本当に助かりますね。

Pocket