スカイプや北欧系銀行が支援する起業家コミュニティTechnopol Startup Incubator

Pocket

technopol

Technopol Startup Incubatorは、常時30近いスタートアップが籍を置くインキュベーションセンターです。定期的に専門家・投資家・メンターが集うイベントが行われており、まさにハブ的機能を担っています。さらに、各チーム毎の専用オフィスだけでなく、ミーティングスペース、キッチン、駐車場も完備……この充実ぶりで、価格は一人あたり月間59€に抑えられています。入居を許されるのはピッチ合格者のみですが、出資受け入れを必須にしていない点を考慮すると、スタートアップにとってかなり魅力的・好条件な環境といえます。

photo 1

ここTSIは、Tallinn Science Park Tehnopolというテックカンパニー支援を目的とした組織によって運営されています。Skypeを初めとする大手テック企業180社、1万4000名の学生を擁するタリン工科大学が関わる巨大コミュニティです。TSPlのICT Cluster ManagerであるToomas Türkは「我々はスタートアップが素早く展開するための手助けを行います。ビジネス面、資金調達ニーズ、プロダクトの方向性、プロトタイピングでの悩みなど、そのサポートの枠組みに限りはありません」と話す。

入居企業は、こちらで確認できます。現時点の有名株はDeekitあたりかなと!それでは、施設内の様子も紹介していきます。

photo 1

エントランスに飾られた概念図

photo 2 (3)

一部屋ごとに様々なスタートアップが入居中

photo 3 (3)

小さい部屋は2〜3名から

photo 4

大部屋なら10人程度でも入居可

photo 5 (2)

共用の団らんスペース

photo

150~200人程度の収容が可能なイベントスペース 

この一連の施設は、タリン中心部Old Townからバスで20〜30分程離れた所に位置しています。ただその分、住宅費や生活費も安く済む上、とても静かな環境の中で製品開発へ集中できます。個人的には、非常に魅力的に映りましたね!

Pocket