イノベーション・ビジネスセンターMektory、三菱自動車と共同事業

Pocket

photo11_Fotor

タリン工科大学を母体とするMektory(メクトリー)は、研究者・学生・企業家間の相互交流を促進し、 デザインや製品開発のサポートを行うイノベーション・ビジネスセンターです。日本企業では、特に三菱自動車工業が連携を強めており、アルゴリズム・ビッグデータの共同開発プロジェクトを進行させています。

同センターは、約4500㎡という広大な敷地を誇る4階建ビルに、ラボ、ミーティングルーム、ワークショップ、ショールーム、教室、カフェテリア、会議ホールなど、様々な設備が備えております。スタートアップスタジオには現在、衛星通信地上局の世界的ネットワーク開発に取り組むCubehubら7社が登録。

photo 1

色々な開発が可能なワークショップルーム

photo 2

ワークショップでの自作ドローン

photo 3

子どもが利用しても安全なよう、工夫された電動ノコギリ

photo 4

小中学生の作品、細部まで見事

photo 5

シールも自作

photo 6

大型の実験器具も備える

photo 10

様々な国を反映したミーティングスペース。上写真は日本スタジオ

photo 9

世界各国から視察団が訪問しており、私の時はシンガポール政府の方々と同行させて頂きました。研究開発ラボという役割にこだわらず、大企業からスタートアップまで広く連携を組み、大学機関での理論研究を実用的な面にうまく結びつけているのが評価されているようです。さらに、この場で育った企業とのパートナーシップ経験ある専門性の高いエンジニアが、子どもたちとの交流の場にも積極的に顔を出すことで、次世代を据えた好循環を育んでいます。 

photo 7

訪問者がサインする記念ボード

photo 8

視察については、ゆるやかに受けています。興味を持たれた方は、こちらからツアーを申し込んでみてください。

Pocket