バルト三国の一人旅にお勧めしたい国際バス&タリン滞在にオススメの交通カード

Pocket

photo2

 

バルト三国&ワルシャワ&ベルリンの一人旅にお勧めしたい国際バス

エストニア〜ラトビア〜リトアニアの首都間移動については、最も便利なのはバスでしょう。タリン〜リガ〜ヴィリニュスを各4時間、ヴィリニュス〜ワルシャワ〜ベルリンを各8時間で結んでおり、最低5ドルほどから移動可能です。どの便もWiFiが完備されており、さすがに大容量動画のストリーミング視聴には限界がありますが、FacebookやTwitter等の基本アプリは快適に利用できます。(ワルシャワ〜ベルリン間であれば鉄道、ベルリン〜タリン間であればLCCがお勧めですが、今回は各交通機関での比較は省きます)

それではまず、各都市バスターミナルの場所について紹介していきます。なお、どちらの国のバスターミナルも治安が良く、危険を感じるような思いは一切しなかったです。

1:タリン

地図はこちら。タリン中心街からも、タリン空港からも、ローカルバスで10分ほどです。コインロッカーもありました。これから列挙していくバスターミナルの中で、一番きれいでした!

Screen Shot 2015-08-19 at 13.31.38

2:タルトゥ

地図はこちら。タルトゥのバスターミナルは街の中心部にあります。大型モールと併設されており、到着後すぐに買い物もできます。タルトゥ大学も徒歩範囲内です。

Screen Shot 2015-08-19 at 13.40.39

3:リガ

地図はこちら。タルトゥ同様、市中心部に位置しています。徒歩2~3分圏内に、大型モールや食品マーケットがあります。

Screen Shot 2015-08-19 at 13.47.10

4:ヴィリニュス

地図はこちら。こちらのバスターミナルは、スーパーや鉄道駅と隣接しているのが便利です。ただ、モールが集まる市街中心部までは15分くらい歩く必要があります。

Screen Shot 2015-08-19 at 14.07.12

5:ワルシャワ(中央駅横)

地図はこちら。中央駅に隣接しており、大型モールも併設されています。トラムや市街地各方面へのバス運行も豊富にあり、後述の“6”より圧倒的に便利です。可能であれば、こちらを利用することをお勧めしますが、長距離の国際バスの多くは“6”を停車駅にしていることが多いです。また、バス停の場所が非常にわかりにくいため、下車は問題ありませんが、(初めてのワルシャワ訪問で)乗車場所として選ぶことはあまりお勧めしません。

Screen Shot 2015-08-19 at 14.11.54

6:ワルシャワ(大型バスターミナル)

地図はこちら。ワルシャワ中心部からバス等で10〜15分程離れた所に位置しています。周囲にショッピングセンターや観光名所はなく、少し旧型のバスターミナルです。利用しませんでしたが、有人の荷物預かり所がありました。

Screen Shot 2015-08-19 at 14.18.59

7:ベルリン

地図はこちら。ベルリン中心部からは離れていますが、徒歩3分ほどでSバーン路線に乗れるため、不便は感じないかと思います。

Screen Shot 2015-08-19 at 14.30.00

以上、各国の主要なバスターミナルでした。続いて、バス会社を紹介します。

1:Simple Express

一番安く済む交通手段かと思います。主要都市間を15ドル前後で結んでおり、セール時には5ドルほどで乗れることもあります!トイレもWiFiも完備されており、シートも綺麗なため、特に不便・不快を感じることはないかと思います。

2:Lux Express

前述のSimple Expressと運営母体は同じで、簡単に言えばSimpleの高級版です。シートの座り心地が更に良くなっており、各席にタッチスクリーン等が備わっています。体験がてら、ぜひ一度乗ってみて下さい。

3:Ecolines

Simple Expressが西はベルリンまでカバーしているのに対し、Ecolinesはアムステルダムやブリュッセルにまでネットワークを拡大しています。東欧へも長距離バスを運行しているため、Simple ExpressやLux Expressのない地域には良い選択肢になるかと思います。

バスチケットの予約については、基本的に各社の専用サイトですることをお勧めします。窓口だと開いていなかったり、長蛇の列となってたり、追加手数料が掛かったりします。また、チケット比較サイトで予約した場合、たまに乗車の際に「チケットのプリントアウトが必要」と言われることがあるらしいです。(ただ、エストニア国内の移動についてはTpiletが便利ですね!)

それから、パスポートは必ず手元に用意しておきましょう。乗車時や国境通過時(時々実施)にパスポート確認がありますので。では、よい旅を!

 

エストニア首都タリン中長期滞在にお勧めしたい交通カードÜhiskaart

photo

タリン市内の公共交通機関はトラム(路面電車)、バス、トロリーバスがあります。ドライバーからチケット1枚1.6o€で購入できますが、停車時間が短い上に、運転席が仕切られていることが多いため、最初は少し戸惑ってしまうかもしれません。

旅行者向けには「Tallinn Card」(ミュージアム等への割引きプラン付)が用意されていますが、価格は24時間31€、48時間39€、72時間49€。元々タリン市内の交通機関は、現地の方なら全て無料で利用できることを考えると、かなり高額な価格設定といえますね。

そこでお勧めなのが、Ühiskaartの購入です。乗車時に専用端末へタッチするだけ、制限回数なしで乗り降りできるため、日本の「Suica定期券」のような使い勝手です。驚きなのが、こちらのe-ticket1ヶ月分を購入した場合、たった23.00€で済むという点です。(Ühiskaartのカード自体の購入に初回5€ほど別途掛かります)EU各都市で1Dayフリーパスを購入すると、平気で5~10€くらい掛かることを考えると、かなり低額な価格設定といえますね。

photo (1)

購入は簡単。カード&e-ticketの両方が、市内各所にある販売店Kioskで販売されています。ただ、販売員はあまり英語が堪能でない方が多いため、比較的来客数の少ない店舗(笑)で尋ねた方が確実かと思います。

Pocket