王者ナダルも推薦!プレイデータを自動的に収集するテニスラケットBabolat Play

Pocket

Screen-Shot-2014-02-04-at-10.58.36
 

フランスリヨンに本社を置くBabolat(バボラ)が開発した「Babolat Play」は、選手がどういったスイングをしたか、どのスポットにボールが当たったかを全て記録します。まずは、下記の動画をチェックしてみてください。


Babolat Playのラケットは1本399ドル。持ち主はビギナー・プロを問いません。


このラケットのハンドル部分にはセンサーが内蔵されており、プレイヤーのスイング、パワー、持続力、テクニック、ボールのインパクトに関する情報を自動的に収集します。

 


それらの情報はBabolat PlayのiPhoneアプリに送信され、プレイヤーのスキルを分析し、プレイがどう成長しているかを知らせます。

 


さらに、アプリ内でコミュニティが形成されており、グローバルランキングでの自分の順位を確認することも可能です。同社CEOのEric Babolatは、Babolat Playについてこう話しています

「テニスの試合において情報収集を怠ることは、まさに自ら負けを認めるような行為です。テニスはもはや感覚や直感だけでは成り立たたず、いかに具体的な情報を収集するかが肝要です。自分自身の試合についてより深く知ることは、選手のパフォーマンスを必ずより良いものにするでしょう」


ランニング・サイクリング市場においては、ハイテク商品による効果的なトレーニング法の見直しが進んでいます。しかし、テニス界においてはまだまだ導入期であるため、Babolat Playの活躍に期待がかかりますね^^

Pocket