グーグルを驚かす、ARアイウェアの新星「Meta」!イスラエル出身の27歳CEOは、若き日のスティーブ・ジョブズ!?

Pocket

423d5c5794f5f3905bae8fe89ead9b82
 

Metaは、ARアイウェア(メガネのように顔に装着することで拡張現実体験を実現する装置や端末)「SpaceGlasses」を開発しました。まずは、下記の動画をチェックしてみて下さい。


ARアイウェアの「Google Glass」を初め、注目度の高いウェアラブル(装着型)コンピュータ開発。そこへ、期待の新星が現れました!

Metaの創業者は、イスラエル生まれのMeron Gribetz。若干27歳ながら、その類まれな先見性は「若かりし頃のSteven Jobsのようだ」という評価も受けているようです。CNETのインタビューに対し、彼はMetaの役割についてこう答えています。

「Google Glassは単なるnotification machine(通知)であり、携帯電話のアクセサリーでしかない。対して、Metaはnatural machineだ。未来のキーボード&マウスそのものであり、最終的にMetaは、今人々が利用しているコンピュータに置き換わるものとなる」

Metaは物理的な世界において、コンピュータで生成されたオブジェクトを可視化し、ユーザーが自分の手を使って投影画像と対話することを可能としたデバイスです。2012年12月にシード資金100万ドルでスタートし、まだスタッフ25名以下という少数チームのMetaですが、Y Combinatorの第一人者Paul Grahamや「ウェアラブルコンピュータの父」として名高いSteve Mannらも関わっており、その期待度の高さが伺えます。


第1弾シリーズの価格は667ドル、2013年11月からの出荷を予定しています。Google Glassよりも開発コストは遥かに少ないようで、ラップトップを超える貴重な存在になると考えられます。また、Appleのようにライセンス供与には興味がないようで「仮にSamsungからオファーを受けても“Galaxy Meta”が開発されることはない」と話しています。

近代的なノートパソコンと異なり、オフィス内すべての壁を仮想ディスプレイとして有効活用できる可能性を秘めているMeta。どのように進化していくか、非常に楽しみですね:D

◆参照記事
・ Meta 1 wearable: We talk “The Apple of AR” with founder Meron Gribetz
・ Meta’s Meron Gribetz and the rise of the natural machine

Pocket