【後編】Dropbox創業者からも資金調達した、iPhone連携ギター Incident Tech’s gTar へ独占インタビュー!

Pocket

lawn_circle
 

本記事は、前回配信した下記記事の続編となります。
【前編】Dropbox創業者からも資金調達した、iPhone連携ギター Incident Tech’s gTar へ独占インタビュー!

なお、「gTarって、そもそも何?」という方は、まずは下記記事をチェックしてみてください^^
指板が光るiPhone連携ギターgTar!Dropbox創業者から資金調達したIncidentTechnologies

 
前置きが長くなりますが、それでは本編へ↓

7:IncidentTechnologies(インシデント・テクノロジーズ)は、どういうゴールを描いているの?
 
gTar では、ゲーム感覚でギターを学んだり、音楽を創ったり、奏でたり、様々なことができます。私たちの目指すゴールは、ユーザーが様々な方法でgTarを楽しめるように、ソフトウェア開発者が色々なアプリケーションを創れる環境を構築していくことです。
 
現時点で私たちは、iOS用SDKを持っているだけでなく、ウェブブラウザ内でgTar互換のアプリケーションを作成するためのJavaScript SDKへ取り組んでいます。もし開発者がこれを読んで興味を持ったら、dev@incidenttech.com へ電子メールで問い合わせてください!(※僕宛に連絡頂ければ仲介するようにしますので、お気軽にご連絡ください^^)


8:あなたたちがgTarsの製造に、深センの工場を選んだ主な理由は何ですか?
 
gTarを製造してくれる工場を見つけるために、私たちは多くの時間を費やしました。今の提携先を選んだ主な要因は、彼らが様々な音楽機器を製造した経験を持っていたからです。私たちは、彼らと仕事したことのある会社をいくつか知っていたのですが、彼らが以前に、gTarのような音楽機器の製造経験を持っていることは、とても幸いでした。

9:Incident Tech’sは、Dropbox Founder & CEOのDrew Houston、Archimedes LabsのKeith Teare、AngelListのNaval Ravikantらから、74万ドルを資金調達していますね。思い出深いエピソードがあれば、教えてくれませんか?
 
残念ながら、私はエキサイティングな物語を持ち合わせていないが、多くの人々はDrew Houstonが非常に才能のあるロックギタリストであることを知りません。あなたが私たちのKickstarter videoの終わりまでチェックすれば、gTarとDrewの隠されたクリップがあるのを発見できるでしょう。

10: あなた方は今までに、日本のプロダクトに大きな関心を抱いたことがありますか?
 
我たちは常に、日本のプロダクトへ注目しており、特に統一感のある審美的なデザインが素晴らしいです。ただ、gTarの製造について、特筆するほど参考としたものはありません。


11: gTarでどんな音楽がよく弾かれていますか?もしアプリを通して蓄積した情報で、もし興味深いデータがあれば、教えてもらえませんか??

人々はgTarで、様々な音楽を奏でています。ただ残念ながら、私はこのポイントのデータについてはシェアすることが出来ません。


12: Idan Beckがギタリストを志向する上で、どのような音楽やギタリストにインスパイアされたのでしょうか?

Idanは当初、クラシックとジャズの音楽を演奏し始めましたが、後に彼はロックへ関心を持つようになり、最終的にはエレクトロニック・ミュージックを愛するようになりました。これらの道程は、gTarを創り上げる上で、大きくインスパイアされています。


13: 10代〜20代の起業家予備軍にメッセージを頂戴!
 
私たちが伝えられる最も重要なメッセージは、「常に新しいものを創造し、構築していこう」ということだと思います。あなたが芸術、技術、あるいはコミュニティを構築しようとする際に、非常に多くのツールが私たちの身の周りにあります。だから、あなたが興味を魅かれるものを見つけた際には、どのように見られるかを気にせず、どんどん突き進んで向上させていくべきです。


そして、(他の写真は全てサイトやSNS上の画像ですが)特別に上記の写真をIncident Tech’s gTarから借りました。2010年7月の写真で、Incident Tech’s gTarの全てが始まったという、Idan Beckのガレージの写真です。
今回は、ホント良いご縁だった。更新回数が減っても、こういった読み応えのあるブログ記事を書いていければと思います^^
Pocket