まさにマイノリティ・リポートの世界!80ドルで手に入る、モーションコントローラーLeapMotion

Pocket

fajb_leap_motion_01_jun2012
 
SF映画マイノリティ・リポートの世界観を彷彿させる、次世代モーションコントローラーLeapMotion!まずは、下記の動画をチェックしてみてください^^
 
 


こっ、これは欲しい!!!!!!!!!
商品概要はこんな感じです↓
・価格は79.99ドル
・発送開始は2013年5月13日
・USBを接続することで、2.5立方メートルのコントロール空間が出現
・1/100ミリの精密な動きまで認識
・10本の指、全ての動きを捉える
・指だけでなく、ペンも精密に捉えることができ、ペン先で文字が書ける
・専用アプリストア「Airspace」も開始される


Leap Motion CEOの Michael Buckwaldは「既に何十万人もの人々が、我々のグローバルなコミュニティに参加している」と、COOのAndy Millerは「今までにない面白いアプリが集う、全く新しい世界がそこにある」と述べています。その言葉を裏付ける様に、Leap Motionの開発キットを申請した開発者は5万2000に上り、その内1万2000へは既に発送済です。直近で期待されるアプリには、Disneyの”Sugar Rush”、Corelの空中ペイントアプリなどがあり、グローバル企業も積極的に開発を進めています。


Leap Motionの主要メンバーは3人!
1人目は、CEO・Co-founderのMichael Buckwaldです。Michaelはジョージ·ワシントン大学で哲学・政治学の学士を取得。学生時代には、ビジネスアポイントメントサービス「Zazuba.com」のCEOを務めていました。また、彼は「One Laptop per Child program」でマダガスカルへのコンピュータ導入を行った経験を持ちます。 Zazubaは2010年に売却し、その後に彼はLeap Motionを立ち上げました。

 
2人目は、CTO・Co-founderのDavid Holzです。Leap Motionの中では”mad scientist”と呼ばれています。彼は中学2年生の時に、Stephen Hawkingの”A Brief History of Time”を読んだ直後、一般相対性理論をテストするための簡単な方法を考案しました。その後、ノースカロライナ大学チャペルヒル校で数学を研究中に、NASAとの契約を掴むも、Leap Motionを創業・専念するために博士課程を出ました。
 
 
3人目は、President・COOのAndy Millerです。AndyはLeap Motionへ加わる前、Highland Capital Partnersのゼネラルパートナーでした​​。 さらにその前はアップルのモバイル広告担当副社長として、iPhone、iPod touch、iPad用のモバイル広告ネットワークをスティーブ・ジョブズへ直接報告していました。なお、Andyは2006年にQuattro Wirelessを創業しており、同社を2009年5月にアップルへ売却したのが契機になっています。
 
2010年10月創業のLeap Motionは、今までに4400万ドルを資金調達しています。内訳は、2011年6月のSeed段階で130万ドル、2012年5月のSeriesA段階で1280万ドル、2013年1月のSeriesB段階で3000万ドルです。

最後に、2013年3月に行われた、TechCrunchによるLeap Motionへのインタービュー動画を載せておきます↓今の内にLeap Motionを購入して、アプリ開発へ取り組んでみるのも面白そうですね!それでは〜:D

 
Pocket