メイカーズのたまり場、DIY工房チェーンTechShop

Pocket

ff_newrevolution3_f
 

スマホ・クレジット決済サービスを提供するSquare、そのクレジットカードリーダーのプロトタイプはTechShop(テックショップ)で製作されました。時は2009年初頭、Square創設者のJack DorseyとJames McKelveyによる工房でのプロトタイプ製作、そして今日では数百万人の顧客を有するまでに急拡大したSquareのサクセスストーリーは、TechShopの語り草となっています。他にも、世界最速の電動バイクやオープンソースのロボット潜水艇OpenROVなど、TechShopでは数々の優れた製品が生まれています。

まずは、下記のTechShopイメージ映像をチェックしてみてください。

 
 


いや〜、ココロ踊りますね!動画を見るだけで、自分も「何かつくりたい!」と感じ、「何か作れそうな」気がしてきます。(笑)

TechShopは現在、アメリカ各地域に約10店舗を展開しており、ある店舗のフロア構成は”このような”構成です。工房は約1420㎡という巨大スペースであり、溶接機やレーザー切断機などの高性能機器が揃っています。

 

 


金属系や木材系が多いかと思えば、服飾系の可愛らしいアクセサリーを作る方も多いようです。今日のメイカームーブメントが、芸術や工芸を含めた巨大な領域に影響を及ぼしていることを感じます。

 


TechShopの利用は会員制で、気になるお値段は月会費175ドル!スポーツジムのようなスタイルですね。ちょっと古い資金調達ニュースですが、同社は2010年に170万ドルを調達しています。

会社設立は2006年、CEOのMark Hatch(写真左)は印刷チェーンのKinko’s出身です。畑は違えど、「どこでもだれもが使える」という視点は、TechShopとKinko’sに共通するものですね!


最後は、Markの印象的なコメントの抜粋で終わります

このような革命を思い描いています:「お腹の膨らんだ裕福なアメリカ人がテレビを消して、ゴルフクラブを置いて、スターバックスコーヒーから外に出ていく。そして、自由なお小遣いや時間を、イスやオモチャ、合成ダイヤモンドなどのモノづくりへ注ぐ。本当にクールなモノを作るのに必要な工具が安くなれば、そういった人々は増えるでしょう。なぜならば、人々は本当にクールなモノを作ると幸せな気持ちになれるからです」

では、また〜:D
(三日坊主になるかどうかの正念場ですwご感想など、お気軽にメッセージください^^)

Pocket